弁護士のデメリット

売掛金回収という時、弁護士に依頼をすれば、それだけお金がかかってしまうことになります。法律のプロフェッショナルにお任せすることは、もちろんタダではありません。

弁護士にお願いをしたとしても、相手の会社が既に倒産していて売掛金回収出来ないという場合もあります。そのようなとき、回収は出来ないというのに、弁護士に対して、依頼料を支払いしなければならないことに対して理不尽な思いをするでしょう。

売掛金回収が成功出来たなら、別途成功報酬を支払いしなければならないこととなり、そのとき弁護士に依頼したとき、どの程度費用がかかるものかある程度明確にしておく必要があります。

そして、実際に売掛金回収が、弁護士を依頼したことで成功出来るかもしれません。しかし、成功出来たとしても、相手は取引先であり、取引先との関係を悪化させてしまうことになるかもしれません。 継続的な取引をしている得意先というのに、弁護士を利用してまで売掛金回収することが正しい判断なのか、そのことも事前に検討の必要があります。

誰もが、売掛金回収という時、弁護士に依頼しましょうというお話しをしている訳ではありません。そこにあるメリットデメリットを知り、自分の場合はどうかということを良く考えて行動してみましょう。